生活習慣病対策

生活習慣病対策 パパイヤの五代特徴

パパイヤには赤ワインの、7.5倍のポリフェノール。

「ポリフェノール」とは、ほとんどの植物に含まれる色素や苦みの成分の総称です。赤ワインなどがポリフェノールの含有量が多い飲料として有名ですが青パパイヤには赤ワインの7.5倍ものポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは動脈硬化、肌荒れやアトピー、糖尿病、その他様々な身体のトラブル、老化現象の元になると言われている活性酸素を除去する代表的な抗酸化成分です。また、ポリフェノールはコレステロールを減少させ血行をよくするという働きも報告されていますので高血圧や動脈硬化にも良いと考えら生活習慣病対策に大きく貢献してくれます。

ポリフェノールは効果が現れるのが早く、体内に摂取してから約30分程で効果を現し始めます。しかしその効用時間は2~3時間しか持続しないと考えられており、大量に摂取しても体内に蓄えることはできないので日々の食事等から継続的に補給することが求められます。