ガン予防

ガン予防 パパイヤの五代特徴

ガンの食事療法でも注目、パパイヤの葉に含まれるβ-クリプトキサンチンなどのガン予防や治療に有効な成分

カロテノイドの一種「β-クリプトキサンチン」。カロテノイドは人の体内では作れない貴重な成分で、抗酸化やガン予防など健康にとって重要な働きをしている物質です。ガンの食事療法でも注目され、最近の研究ではガン予防、粘膜の強化、骨代謝活性化、脂質代謝改善などの作用が確認・推測されています。β-クリプトキサンチンは他のカロテノイドにはない優れた生理機能を持つと考えられ、今後の研究成果に大きな期待が寄せられています。

また、パパイヤリーフ(パパイヤの葉)には強い抗がん作用を有するイソチオシアネート、カルパイン、ビタミンB17(アミグダリン)など抗ガン成分が多く含まれていること、また抗酸化作用や抗炎症作用や免疫増強効果なども報告されていることから、放射線治療や抗ガン剤治療とあわせて、副作用の軽減や抗腫瘍効果が期待できます。